婚活とは結婚相談所口コミネット型婚活サイト口コミ婚活パーティー業者口コミ用語集
身だしなみ

メイク
お見合い等の出会いの場には、必ず“メイク”をして行きましょう。
ノーメイクが自分の個性という方も、フォーマルな場面や勝負の時には薄くでもメイクしますよね?

相手に、「やる気がない」と思われない程度に考えましょう。

メイクの仕方は、自分らしくすれば良いです。
一般的には、“薄めで上品に”というのが好まれるようですが、自分の美しさを最も引き出せるのが一番です。
ただ、口紅がカップについて下品と思われないように気をつけましょう。

その日だけ特別なメイクをすればよいと思っても、違和感があるかもしれません。
自分でも、メイク後の顔に見慣れておいてください。

フレグランスは、やはり自分らしいものを選びましょう。
ただし、つけ方に気をつけましょう。

直前につけると、トップノートといってツンとした強い香りが漂います。
これは、お見合いに限らずいい印象は与えません。
もちろん、つけていかなくても構いません。


ファッション
婚活のファッションは、“TPOをわきまえた自分らしいファッション”が基本です。

いつもと違ったり、張り切りすぎたりすると、周りにどう映っているのか気になって集中できなくなります。
一般的には、清潔感のあるスーツやワンピースで、色は薄めでやわらかいものが多いようです。

できればスカートの方が好まれる傾向にありますが、ミニスカートや胸の開いた服はタブーです。

ファッションに関心がなく、“自分らしさ”なんてないという方もいると思います。

そういう方は、ファッション雑誌を見て、よいと思うものをそのまま真似しましょう。
いずれにしても、相手に敬意を表す服装であることが重要です。

逆に、相手がGパンTシャツで現れたら、馬鹿にされている気がしますよね?自分らしさとTPOのバランスが重要なのです。

ちなみに、ヘアースタイルは、清潔感があれば何でもOKです。
よく、顔周りがスッキリしていると、男性に好まれると言われています。

耳が見える感じです。
もちろん、好みの世界ですから、あまり神経質になる必要はないでしょう。


身だしなみ

身だしなみは、とても大切です。

メイクやファッションに気をとられて、細部がおろそかでは、だらしないと思われてしまう可能性があります。
特に、“ハンドケア”“ティースケア”“フットケア”には、気を配りましょう。

手は女性らしさの象徴です。
きれいに手入れされていれば、マニキュアは塗っても塗らなくてもどちらでも良いです。

たとえば、「料理が趣味です」という人が、お見合い用に過度なネイルアートをしていたりすると、「その爪で…?」と不信感を与える可能性があります。

ですから、ここでも自分らしさを考える必要はあります。

歯のほうは、清潔さの象徴です。
取れない汚れは、歯科医院のクリーニングなどで落としておく事をおすすめします。
口元はよく見られています。

フットケアについては、カサカサだと老けて見られるので、手入れが必要です。
また、靴が汚れているのは問題外ですから、ピカピカに磨いておきましょう。
足元には、その人の性格が出るとも言われています。



振る舞い
出会いの場では、どのような口調で、どのように振舞えばよいのでしょうか?

もちろん、自分らしさが基本ですから、つくろう必要はありません。

ですから、参考程度にお読みください。

まず、口調についてです。
「大きい声」「きたない言葉遣い」「早口」は、あまりよい印象を与えません。
特に、言葉遣いは、日頃から気をつけていないときれいには話せませんね。

男言葉やお友達口調は、常識がないと判断されてしまうかもしれないので注意が必要です。
振る舞いについては、「足組・腕組」「肘付」「溜息」などに気をつけてください。

これらは、“無意識”に行ってしまうことが多く、知らぬ間に不快感を与えてしまいます。
また、あごを上げる癖のある人は、相手に威圧感を与えます。

これらは、自分では気づきにくいので、誰かに「気になるところない?」と聞いて見ると良いでしょう。

逆に、「やさしい話し方」とか、「耳に髪の毛をかけるしぐさがかわいい」等、好印象を与えることもあります。
ですから、あまり硬くなりすぎる必要はありません。