婚活とは結婚相談所口コミネット型婚活サイト口コミ婚活パーティー業者口コミ用語集
身だしなみ

身だしなみとはなにも婚活のときだけ行うものではありません。
常日頃から気をつけて心がけておくものです。

次のような一般的な事項について再チェックしてみましょう。

身だしなみ 清潔感
何よりもまず不潔は絶対にいけません!
特に、髪の毛、顔、手などは一番目につきやすいので、特にチェックは怠らないようにしましょう。

たとえどんなにオシャレをしていたとしても、爪が伸び放題でゴミが詰まっていたり、髪の毛がボサボサでフケが出ていたり、ヒゲの剃り残しがあったり、鼻毛が出ていては好印象を持ってもらうこと自体まず無理です。
また顔のテカリや口臭などにも気をつけるようにしましょう。


服装
男性の場合は、やはりスーツが一番無難だと言えます。
ただ、カジュアルなパーティーの場合にはその場に合ったオシャレを楽しむことも大切です。
薄汚れたシャツや、ヨレヨレのジャケット、埃まみれの靴ではいけませんが、高級なスーツを買う必要もありません。

なによりも服装は身だしなみのひとつ。
相手に不快感を覚えさせないことが大事だと覚えておきましょう。


見た目の法則

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが多くのデータから割り出した、人への影響の法則から発展したもので、世の中で「お見合い」以外でも初対面(面接など)で非常に現在重要視されているものです。
「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字をとり「3Vの法則」とも言われています。

人に与える影響の割合を示しているので、よく頭に入れておきましょう。
話の内容などの言語情報:7%
口調や話の早さなどの聴覚情報:38%
見た目などの視覚情報:55%
要するに、会ったその瞬間で「受け入れる」か「受け入れない」か、人の脳は判断してしまうのです。
これは、相手の人間性の問題ではなく、人の脳の問題であり、どうしようもないことなのです。
だからこそ、あなたがどれだけ素晴らしい人間性をもたれていて、どれだけ話題が豊富でも、会ったその瞬間に相手の脳が「受け入れない」と判断すると、いつもは会話の得意なあなたも、相手の反応の悪さから上手く会話が出来なくて(そんな経験あると思いますよ)、チャンスを逃すということになります。

もう一度言いますが、顔や形ではありません。
見た目の好印象は誰でも作れるのです。
そして、顔や形ではなく、人間の脳は「見た目」で55%決めるんです。
あなたの人間性の素晴らしさを相手に伝えられなかった昨日までとは決別しましょう。